このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL:0800-200-1317
受付時間/9:00~18:00
定休日/毎週日曜日

みんなのお困りごと

多くの事業者様のサポートをさせていただいたからこそわかる、開業に関するお悩みやお店をオープンするまでに困ったことにお答えいたします♪

開業前に知りたいコト


実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • Q 開業費にはどんな項目がありますか?

    A
    お店を開業する費用には
    ・改装費
    ・物件所得費(家賃・保証金・仲介手数料)
    ・広告費
    ・人材獲得費
    ・備品
    などが含まれます。

    特に後半3つは忘れがちになる項目。
    どの項目でいくらほどかかりそうか想定して開業計画を立てたいですね!
  • Q 開業したいけどできるか不安…必要なスキルってありますか?

    A
    必須のスキルとまでは言えませんが、
    飲食店を例に敢えてお伝えすると、3つあると考えています。

    ①経営能力
    開業予定の飲食店の業態や特長を定め、集客目標、収益目標、返済計画などをしっかりと立て、計画通りに事業を進めていく能力です。経営を上手く回していくためには、会計や税務、法律、衛生管理に関する知識も必須。また、経営者として変化する社会の流れに対応し、常に情報のアンテナを張っておく柔軟さも欠かせません。

    ②資金調達能力
    飲食店を開業するためには、開業資金と運転資金を貯めてから開業するか、借り入れをしなければなりません。
    お金を借りる場合、飲食店の開業資金は、実は銀行ではほとんど貸してくれません。よって「日本政策金融公庫」という政府系金融機関から借り入れることがほとんどになります。
    融資の申請には「創業計画書」を作成しますが、大体の飲食店は事業実績が無いので、信用情報がない状態で審査されることになります。
    そこで融資審査官が見るポイントが、「経営者としての能力が備わっているか」「ビジネスプランは的確なものか」という点になります。資金を調達するためには、経営者としての資質も問われるのです。

    ③マネジメント能力
    飲食店経営において、1人で経営する場合以外は、スタッフを雇い、調理や接客を教育して能力を高め、一人前として機能するように育てなければいけません。人材の採用、教育方法や期間、人間関係の構築、シフトの調整など、経営を支えていく力も必要となります。

    3つのスキル、参考にしてみてください。
  • Q ドリンクのテイクアウトのお店をしたいのですがどういう許可が必要ですか?

    A
    飲み物のテイクアウトは比較的低コストで始められる人気の分野。しかも需要が高い!
    テイクアウトできれば美しい景色が眺められる場所や話題のスポットまで持ち運んで一緒に撮影することも可能なため、近年は特に好まれる傾向があります。色が美しい、形がかわいい、など、SNS映えするカップやドリンクはとても需要があります。

    では、販売にはどのような許可が必要なのでしょうか。
    すでに飲食店として営業していて、これまでに提供してきたドリンクをテイクアウト販売する場合は、新たに許可を得る必要はありません。飲食店の営業開始にあたって取得した許可は、テイクアウト販売に必要な条件も満たしていると考えられるからです。一方、新たにテイクアウト販売を行う店舗を出したり、経営する飲食店で使用しているものとは異なる設備を設けたりするケースでは、許可が必要ですし、新規に開業する際は、「食品衛生責任者の資格」「飲食店営業許可証」を得ることが不可欠です。食品衛生責任者は、都道府県で実施される講習会に参加すれば取得できますが、飲食店営業許可証を得るには店舗や施設内のキッチンが一定の基準を満たしていなければなりません。それを確かめるため、保健所の立ち入り検査が行われます。

    また、少しフードも販売したい!という方もいると思います。
    しかしそれがまた大変。提供するフードの内容によって必要な許可が変わってきます。例えば、店内で作ったパンやケーキなら「菓子製造業の許可」が、ライスなしで総菜のみ提供するのであれば飲食店営業許可で問題ないものの、ライスをつけるなら仕出しの営業許可が必要と、わかりづらい面があります。

    飲食店営業許可だけでテイクアウト販売できるのか、新たに何か許可を取得する必要があるのか判断がつかないときは、管轄の保健所に相談しましょう。
  • Q フランチャイズをしてみたいけどどういう仕組みなの?

    A
    フランチャイズ=FCとは、
    フランチャイズ加盟店が、フランチャイズ本部から看板・確立されたサービス・商品を使う権利をもらい、その対価を本部に支払うというビジネスモデルです。一般に、本部(フランチャイザー)、加盟店(フランチャイジー)と呼びます。

    本部は、新しいオーナーを随時迎え入れ、短期間で成果の出る店をつくっていきます。仕入れ・販売・集客・採用・商品開発など、ビジネスを行う上で必要な各要素を、パッケージにすることで、未経験からでもしっかりとビジネスを行うことができるように構築されているのが特徴です。各々のノウハウは専門的な知識と経験が必要なものですが、加盟店はそのノウハウを、一度に手に入れることができます!

    ただし、本部からノウハウを受け取る代わりに、加盟店は「ロイヤリティ」と呼ばれるお金を本部に支払うこととなっています。多くのフランチャイズでは、「売上に対して何%」という形での支払い形態をとっています。「月額固定」「ロイヤリティ不要」など、さまざまなロイヤリティ形態が存在しますので、興味のあるお店を調べてみてください!

    テナント工房ではFC店の施工も承っておりますのでご相談ください。
  • Q フランチャイズか開業かで迷っています…

    A
    フランチャイズのメリットとデメリットをお伝えしますね!

    【メリット】
    1.すでにブランド力がある
    無名店だと開業初日からの十分な集客は難しい場合がほとんど。元からブランド力があることで一定の集客が見込める点は魅力です。

    2.継続的な集客支援
    FCの場合、本部がチェーン全店に対して広告を行うので、テレビCM・大規模なカラーチラシの配布などの大規模プロモーションの恩恵を各加盟店が享受することができ、自然と集客ができます。

    3.未経験でも参入可能
    立地選定から実際の運営に至るまで、運営ノウハウがパッケージ化。本部担当者による研修があったり、開業後も、経営や店舗づくりのアドバイスが得られるので「未経験でも"憧れの仕事"で開業したい!」という方にぴったり。低リスクでチャレンジできます◎

    4.運営に専念できる
    商品開発、サービス向上のためのマニュアルのブラッシュアップは、FC本部の仕事。加盟店は店舗運営やスタッフ教育に専念することができ、スムーズな運営が可能です。


    【デメリット】
    1.ロイヤリティ支払う必要がある
    加盟期間中は、加盟店は本部に対し、ロイヤリティを払い続けなければいけません。フランチャイズ本部によって異なりますが、利益が思うように上がらないときでも、ロイヤリティの支払いが発生するのは少々痛手ですね。

    2.本部のマニュアル通りに運営を行う
    フランチャイズの店舗では、オリジナルメニューの提供や、店舗独自の販促キャンペーンができないところがほとんどです。「自分の思う通りに、自由にやりたい」という方は、フランチャイズオーナーには向かないかもしれません。

    3. 外部環境の変化に弱い
    周辺人口の変化・ライバル店の出店などにより、十分な売上が上げられないというケースもあります。フランチャイズの契約期間中は、店舗の移転や業態変更を行うことは基本的には不可能なので状況に応じた対応ができない点はデメリットです。

    4. 契約終了後の同業種での出店が禁止されている場合がある
    契約期間が終わり、「自分の店を出そう!」と思っても、ノウハウの流出防止のため数年間は同業での開業が禁止されているケースがほとんど。。。「将来は自分の店を持ちたい」という方は、加盟前に契約書をよく読み確認しましょう。

    5. 別店舗でブランド毀損があった場合のリスク
    近年、SNSの普及により、アルバイトのいたずらなどを発端とした風評被害が相次いでいます。こういった事件によりブランドの人気が低迷した場合、加盟店全店に影響が及んでしまうことも考えられます。


    上記を踏まえて、フランチャイズか個人開業かを考えましょう!
  • Q フランチャイズとライセンスはどう違うの?

    A
    ライセンスビジネスは一定の加盟金を本部に支払い、商号やブランド名、経営ノウハウの使用許可を取得するビジネススタイルです。フランチャイズよりもサポートが少ない代わりに自由度が高いという特徴があります。日本でもおなじみの米国発コーヒーショップなどはライセンスビジネスによって販路を拡大しています。ちなみにライセンスを提供する本部は「ライセンサー」と呼ばれ、ライセンスを受用する経営者は「ライセンシー」と呼ばれます。

    メリットは「本部の規則やマニュアルによる拘束が少なく、比較的自由度が高い」ところ。ネームバリューのある商標を使用できる上、自身の裁量やノウハウで事業を行うことができます。開業までは本部からのバックアップを受け、開業後は自身の裁量で経営に臨むことができるので、ある程度の経験や経営ノウハウを持っている方向けのビジネススタイルといえます。

    一方デメリットは、「開業後のバックアップやサポートが受けられない」点です。経営未経験であったり顧客開拓が十分でなかったりする場合は失敗してしまうケースもあるため、経営初心者の方には、あまりおすすめではありません。

    FCは、経営の知識やノウハウがない方でも失敗しにくい反面、毎月のロイヤリティの支払いやルールなど縛りがあり、経営の自由度はやや低めです。


    ある程度の経営ノウハウがある方には開業後の自由度が高い「ライセンスビジネス」が、そして知識もノウハウもないゼロからスタートの方には「フランチャイズビジネス」がおすすめといえます!是非、自分にあったビジネススタイルを見つけてください♪
  • Q 開業したいけど続けていけるか心配・・・

    A
    コロナ禍でも実は増えている開業。
    新しくお店をオープンして、1年後にどのくらいのお店が残っているかご存じですか?

    答えは72%。

    つまり1年後には、3件中1件のお店が、やっとの思いで開業しても廃業してしまいます。
    そして3年後には約半数が、10年後には10件中8件が廃業に追い込まれてしまうというのが悲しくも実情です。。
    しかも、飲食店だけ、美容室だけの業界別で見ると場合によってはさらに厳しい現実も…

    せっかく開業するのであれば、絶対に生き残るお店になりたいですよね!
    続けていけるかを心配するのではなく、つぶれないお店になるにはどうすればよいのかを一緒に考えていきましょう!
  • Q 生き残る店になれる条件ってあるんでしょうか?

    A
    長く続くお店になるためには
    「毎月利益を出す」そして「開業費を回収する」
    という2つのことが非常に大切!!

    当たり前のことですが、実はあまり考えずに開業してしまう人も多いんです。
    まずは事業を続けていくためにこの2つの考えをしっかりと持つこと。
    そこからスタートとなります。

    では確実に利益を出すためには、そして開業費を回収していくにはどうすればいいのでしょうか。
    ポイントは、どういった事業をしたいのかという、事業計画をどれだけ綿密に立てられるか。
    よく考えて綿密に計画を立てた人ほど、成功率が高く、より早く安定した業績をあげることができています!
  • Q コンセプト設計について知りたいです。

    A
    コンセプトとはお店にとって軸となるもの。人気店ほどぶれないコンセプトがあります。

    なかでもまず考えないといけないのは、
    ①どのような商品・サービスを扱うか
    ②誰に売るか(ターゲット)
    ③どこで売るか(マーケット)
    の3つを決めること。

    特に①をしっかり決めないと②③もはっきり決まりません。

    3つが決まったら、
    ④その商品・サービスで何を変えたいのか
    ⑤どのように世の中に伝えていくか
    を考えましょう!

    その事業でお客様に何を与え、感じてもらいたいのか、
    事業者みなさまの思いが現れるところです。
    その事業をする「意味」ですね!

    つまり、なぜ開業したいのかを明確にすることが成功の秘訣!
    是非自分の考えている事業についてしっかりと考えてみてください!

  • Q 事業計画書ってどうやって作ればいいですか?

    A
    事業計画書とはどのように事業を運営していくのか、事業内容・戦略・収益見込みなどを内外に説明するための書類です。

    特に会社を運営していく上でお金は「血液」となるもの。
    どれだけ具体的にイメージして数字化していけるかが重要となってきます!

    早速、想定する収入と支出を次の式にあてはめて考えてみてください。

    収入=客数×単価×回転数
    支出=食材原価+人件費+家賃+水道光熱費+販促費等
    利益=収入ー支出

    利益はしっかり残り、運営していける金額がありますか?
    お店となると収入(売上)を重視してしまいがちですが、
    本当に大切なのは売上よりもいかに利益を作っていけるかということです。

    事業計画では月ごとの1年分の損益表だけでなく、10年分程度の中長期計画も立てておくのがおすすめです。
  • Q 美容所登録って何ですか? 

    A
    美容室・理容室・マツエクサロンを開業するためには、使用する施設(店舗)を「美容所」として登録する手続きをしなければいけません。この登録を行うには、出店地域を管轄している保健所に、「美容所開設届書・構造設備概要書」を提出し、構造設備や衛生管理について基準を満たしているかどうか保健所長の検査確認を受けます。

    この検査に合格するまでは店舗での営業をすることができないため、オープン予定日までに時間の余裕をもって申請しましょう。大体の目安としては、開設届の提出から検査日まで1~2週間程度、検査結果がわかるまで2~3日程度見込んでおくとよいです。

    また、美容所登録は店舗ごとに行う必要があり、代表者や従業員が変わった場合や店舗の改装、閉店の場合にも届け出が必要になります。

    必要な書類などは出店地域の保健所に確認しておきましょう!

    ※ネイルサロン、エステサロン、リラクゼーションサロンは登録不要です。


  • Q 開業届の提出のタイミングはいつ頃がベストですか?

    A
    様々なタイミングがありますが、1つの見極めポイントとしては売上金額です。
    副業として事業に取り組んでいる場合は「所得20万円超」が開業届提出のタイミングとなります。会社員の副業である場合、所得20万円以下であれば所得税の申告義務が生じないためです。

    専業の事業主の場合は「所得48万円超」が開業届の提出タイミングです。専業の事業主の場合、所得が48万円以下であれば負担する所得税額は0円となります。

    所得が一定の金額を超えた場合は、そのタイミングから1か月以内に開業届を提出してください。
    なお、提出期限が土・日・祝日に当たる場合は、これらの日の翌日が期限となります。開業届の届出が開業後1ヶ月を超えてしまったとしても罰則はありませんが、口座作成や資金調達を円滑にするため、できる限り開業してから1カ月以内に提出した方がよいでしょう。

  • Q 商業・法人登記とは?

    A
    商業登記は、会社(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社)等について、法人登記は、会社以外の様々な法人(一般社団法人・一般財団法人、NPO法人、社会福祉法人等)について、その名称や所在地、役員の氏名等を一般に公示するための制度です。登記された情報は法務局のデータベースで管理され、請求すれば誰でも登記情報を閲覧できます。基本的な情報を登記することによって信用の維持を図ることができます。また、商業登記は、取引の安全と円滑に資することにもなります。

  • Q 商業・法人登記は自分でできる?専門家に依頼した方がいい?

    A
    手続きは本人であればすべて自分で行うことは可能です。費用は3万円ほど安く済ませられる一方で非常に時間と手間がかかります。特に書類の手配・作成は、必要資料が多いうえに、会社法・商業登記法のルールに沿って行う必要があるため少し複雑です。
    場合によっては、法務局への相談が複数回におよび、会社と法務局を何度も往復することも十分にありえます。

    会社設立を代行してもらえる専門家としては、行政書士、司法書士、税理士などがありますが、会社設立手続きで必須となる設立登記申請を代理できるのは司法書士のみになります。
    司法書士に依頼すると、自力で申請するよりも費用は3万円程度高くなります。しかし、書類等は司法書士に指示されたものを用意すれば「あとはおまかせ」で進むので、手間は大幅に軽減できます。

    それぞれのメリットデメリットを考慮して選択しましょう!

  • Q 信用保証協会付き融資とは何ですか?審査はどのくらいかかりますか?

    A
    信用保証協会は、中小企業や小規模事業者の保証人となり、融資を円滑に受けられるようにサポートする公的機関です。
    プロパー融資(金融機関の直接融資)を受けるのが難しい中小企業や小規模事業者でも、信用保証協会の保証があれば融資を受けやすくなるため、これから事業を始めようとしている方にとっては、資金調達の一手段として非常に有効な手段と言えます。銀行の事業資金融資として1番利用されているものでもあります。

    しかし、この融資手段は銀行と信用保証協会の2つの審査が必要となるため、プロパー融資よりも審査期間が長くなってしまいます。

    申し込みから融資実行までには、2~3ヶ月の期間を要すると言われていますので、3~4ヶ月前には準備し始めるのが望ましいでしょう。

  • Q 開業費にはどんな項目がありますか?

    A
    お店を開業する費用には
    ・改装費
    ・物件所得費(家賃・保証金・仲介手数料)
    ・広告費
    ・人材獲得費
    ・備品
    などが含まれます。

    特に後半3つは忘れがちになる項目。
    どの項目でいくらほどかかりそうか想定して開業計画を立てたいですね!

物件について知りたいコト


実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • Q どのような立地に出店するのがいいのでしょうか?

    A
    お店にとって立地は重要ですよね。

    開業したい業種・業態はなんですか?
    業種・業態によっても、よい立地は変わってきます。
    ファーストフード店なら、客数が必要なので賃料が高くても多くの人が来店しやすい「駅前」。
    個人経営の居酒屋なら、常連や近隣住民をターゲットにすれば、賃料の安い「わき道」もよい立地になります。

    また、お店を長く運営するためには賃料も大事なポイント。

    多くの人が集まるところは出店したい人も多いはずなので、賃料はそれだけ高くなってしまいます。
    せっかくお店を出しても賃料のせいで利益が出ないとなると本末転倒です。

    つまり「業種・業態のターゲットとなるお客さんを集客でき、賃料に見合った利益の上がる立地」に出店することが重要なのです。
  • Q 立地選びのポイントを教えてください。

    A
    立地選びは、範囲の広いところから【3つの情報】に分け順番に見ていくのがポイント!


    ①【 商圏 】 
    商圏とは、その店に来店を見込める顧客が住んでいる範囲のこと。商圏の範囲はその店の業態、ターゲットとする地域の人口動態、消費者の移動手段や経済状況、競合店の存在などによっても変わってきます。
    商圏を分析し、そのエリアの消費者ニーズをつかむことは、退店リスクを減少させ、店舗の売上を向上させることに繋がります!
    この情報が不十分なまま出店すると「思ったよりもお客さんが集まらない・・・」ということが起こってしまう可能性が・・・


    ②【 導線 】
    お店周辺に多くの人が集まる施設があるか、人や自転車の通行量や車の交通量はどうか、などを見て、商圏のポテンシャルを十分に吸収できるのかを考えます。
    特に「出店をする業種・業態のターゲットとする人が通っているか」はよく見ておきましょう!「人通りは多いのにお客さんが集まらない・・・」といったリスクを避けることができるはずです。
    また、周辺の競合店舗の場所や入店状況も確認することで、競争度合いや商圏データだけでは読み取れない地域性も見えてきます。

    ③【 物件 】
    ・お店は広すぎないか
    ・看板は見やすいか
    ・駐車場は何台か
    ・左右隣には何があるか
    ・賃料は適切か
    といった、お店自体の特徴について調べます。①②のステップを経て、物件の特徴を詳しく見ることで、出店する業種・業態に見合ったお店かどうか見極めることができます。
    また、お客さんの利用シーンとの関連も大切です。
    簡単に買い物を済ませたい人には2階にあるお店より路面店で駐車場が入りやすいお店のほうがいいですよね。お客さんがどんなシーンを求めて来店するのかも視野に入れて物件を見定めるのがポイントです!
  • Q 儲かる物件が知りたいです!

    A
    まずは儲かる物件の定義を考えてみましょう!
    投資した資金を回収してしまえば、そのあとは利益(儲け)が発生しますよね。
    つまり、投資した資金を回収できるスピード(投資収益率)が早い場所ほど儲かる物件と言えます。

    投資収益率=年間利益÷投資額 なので
    →利益を増やすには売上を上げる
    →売上を上げるにはお客様を増やす
    →お客様を増やすには新規顧客を獲得する必要があります

    つまり、集客しやすい物件を選ぶことが儲かるお店への第一歩となります。
  • Q 開業費をできるだけ抑えたいのですが…

    A
    開業費は少しでも抑えたいところ。
    改装費に続いて大きな割合を占める「物件所得費」の抑え方をお伝えします!

    なかでも重要な「家賃」。
    交渉なんてしていいの?と思われる方もいるかもしれませんが、そもそも家賃は大家さんが自由に決めてよいとされている金額。なので決まりはありません。もちろん近隣の家賃相場を調べて交渉するのもよし。
    ですが、お店をするのであれば、大家さんに応援者になってもらうのが一番!
    どういう事業をしたいと思っているのか想いをしっかり伝えてみましょう。
    応援したいという気持ちから家賃を下げてくれることは実はよくあること◎

    大家さんにとって物件は子供や社員のような存在。
    折角なら強い想いを持って大切に使ってくれる人に貸したいと思うのが人情ですよね。
    応援者になってもらうことで、お互いが気持ちよく開業できるように心がけましょう!

  • Q フリーレントって何ですか?

    A
    「フリーレント(Free Rent)」とは、大家さんが一定期間家賃を免除してくれる契約形態のこと。

    一般的にお店の工事は物件を借りてからしかスタートすることができません。
    収入がないのに支出が発生してしまうのはかなりの痛手ですよね…

    でもこのフリーレントができれば、工事期間は家賃を払わなくてもいいので少しでも初期費用を抑えることが可能になります。

    かなり主流になってきているので、もし工事期間も家賃を払ってほしい…と言われてしまったら
    フリーレントしてもらえないか是非交渉してみてください!
  • Q 保証金ってどうしてかかるの?

    A
    物件所得費のうち、家賃以外にかかる費用として保証金があります。

    お店を借りている方が経営不振などで退去しなければなくなったとき、お店を元の形に戻す必要があるのですが...そうなったときには借主は回復費用を払う余裕がないですよね。そのため、リスク回避として貸主が先に預かっておく金銭=保証金が発生します。

    保証金は物件の広さに比例して増えるのが一般的。
    大体【10坪=50万】が相場なので参考にしてみてください!
  • Q 保証金の返還率って?

    A
    契約書に書いている保証金の「返還率」。
    例えば「3年以内20%返還」と書かれていた場合、
    これは3年以内に退去したら、始めに預かった保証金は20%しか返金しませんよ、という意味になります。
    なぜこういう契約になっているのかというと、長く借りてもらうため。
    退去したあとに新しい借主が見つかるか不安に思う大家さんはこういう契約条件にしていることが多いです。
    長く借りるつもりであることを伝えて、返還率の交渉をしてみても良いかもしれません。

    ただ、まれに書いていない大家さんもおられます。
    そういう方は立地が良いなど次の借主に困らないような人が多いので無理に交渉してしまっては、最悪の場合貸してもらえないことも…正直交渉は厳しいところです。
    こういうときには、「大家さんへ特別サービスを提供する」など付加価値を付ける代わりに安くしてもらえないか交渉してみましょう!
    なにより応援者になってもらうのが一番の成功方法です!

  • Q 仲介手数料は安くできますか?

    A
    事業主と大家さんのみでの契約締結は難しいところ。
    トラブル回避のためにも、大抵は仲介業者に入ってもらうことになると思います。
    このときにかかるのが仲介手数料。
    結構かかりますが、この価格交渉はあまりおすすめできません。
    仲介業者とは良い関係を築いておくのが今後のためにも必要だからです。
    というのも、実は物件情報の8割は水面下で動いているもの。
    良い物件ほど表に出ることなく決まっていくので
    もしお店を大きくしたり、次の店舗出すことがあった場合、いい物件を紹介してもらえたほうが良いですよね。
    必要経費と考えて、きちんとお支払いするのがベストです。
  • Q 立地選びのポイントを教えてください。

    A
    立地選びは、範囲の広いところから【3つの情報】に分け順番に見ていくのがポイント!


    ①【 商圏 】 
    商圏とは、その店に来店を見込める顧客が住んでいる範囲のこと。商圏の範囲はその店の業態、ターゲットとする地域の人口動態、消費者の移動手段や経済状況、競合店の存在などによっても変わってきます。
    商圏を分析し、そのエリアの消費者ニーズをつかむことは、退店リスクを減少させ、店舗の売上を向上させることに繋がります!
    この情報が不十分なまま出店すると「思ったよりもお客さんが集まらない・・・」ということが起こってしまう可能性が・・・


    ②【 導線 】
    お店周辺に多くの人が集まる施設があるか、人や自転車の通行量や車の交通量はどうか、などを見て、商圏のポテンシャルを十分に吸収できるのかを考えます。
    特に「出店をする業種・業態のターゲットとする人が通っているか」はよく見ておきましょう!「人通りは多いのにお客さんが集まらない・・・」といったリスクを避けることができるはずです。
    また、周辺の競合店舗の場所や入店状況も確認することで、競争度合いや商圏データだけでは読み取れない地域性も見えてきます。

    ③【 物件 】
    ・お店は広すぎないか
    ・看板は見やすいか
    ・駐車場は何台か
    ・左右隣には何があるか
    ・賃料は適切か
    といった、お店自体の特徴について調べます。①②のステップを経て、物件の特徴を詳しく見ることで、出店する業種・業態に見合ったお店かどうか見極めることができます。
    また、お客さんの利用シーンとの関連も大切です。
    簡単に買い物を済ませたい人には2階にあるお店より路面店で駐車場が入りやすいお店のほうがいいですよね。お客さんがどんなシーンを求めて来店するのかも視野に入れて物件を見定めるのがポイントです!

集客について知りたいコト


実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • Q 美容室で独立したいのですが集客に苦労しそうで不安。どうすればいいですか?

    A
    独立開業をお考えの方、既存顧客様はおられても新規顧客は自動的に来てはくれませんよね。
    オープン後に焦って集客を開始しても、すぐに結果に繋がるわけではないため、来客数や売上を安定させるには、数ヵ月かかってしまいます。
    ある調査によると、美容室が開業から軌道に乗るまで「3~6カ月かかった」という声が多くあるようです。
    美容室開業時から一刻も早く平常時に近い稼働を目指すため、集客と販促活動は、オープン前から準備を整えるのがオススメ。費用をかけずに始められる準備もありますよ!まずは下記の3つからやってみましょう♪

    ◆ホームページ、予約ページの開設
    自社ホームページの存在は、美容室のブランディングや信頼度を上げることに繋がります。リピート予約を受けるうえで自社のホームページに予約窓口があることは重要です。

    ◆SNSの美容室ページの開設・発信
    SNSなら簡単に情報を発信することができます。イメージ画像でブランディングしたり、自身のお店や美容業にかける想い、お客様の役に立つ情報を発信することで見込み客を増やしていくことができたり、新鮮な情報を届けることができます。何より無料なので気軽に始められますね!

    ◆集客ポータルサイト、紙媒体を利用
    新規集客にあたっては、既に利用者数の多い美容室専用ポータルサイトや媒体を利用したり、周囲にポスティングすることで地域に新規出店をアピールし、目を引くことができます。開業の2~3ヵ月前から行うと効果的です。掲載する内容は、美容室のセールスポイントやイメージしやすい画像の準備など、美容室の魅力がお客様に最大限伝わるものを工夫して考えましょう。
  • Q リピーターが重要なのは知ってるけど、どうすれば再来店してもらえるの?

    A
    【再来店のきっかけを作る】
    待つのではなく、再来店する理由を意図的に作ってしまいましょう♪

    たとえば次回の来店時に使える割引クーポンや、1品無料のチケットなどをプレゼントする方法です。
    クーポンが財布の中にあれば、それを見るたびにお店のことを思い出してもらえますし、使わないともったいないような気持ちにもなりますよね。
    また、美容室やサロンであれば、次回のご来店日時をご予約いただくのも確実に来ていただく理由になります。

    最近では「店舗アプリ」が再来店促進ツールとしてトレンドになっています。
    お客さんにアプリをダウンロードしてもらえば、アプリ内でお知らせやクーポンを発信したり、ポイントカードとしての役割も果たせます。常に顧客とコミュニケーションが取れるという点からもお店を想起してもらいやすく来店につながる確率が高くなります。

    業態に合ったきっかけづくりをしてお客様の再来店につなげましょう!

  • Q MEOって何ですか?

    A
    MEO=Googleマップでの検索結果において上位表示させること。
    例えばGoogleで「居酒屋 大阪」と検索すると、近隣の店舗が地図の画像とともに検索結果に表示されますよね。住所や電話番号、営業時間といった概要情報や口コミなども併せて表示されるため、上位に表示させるような対策は集客につながりやすいということで、今の店舗ビジネスには欠かせない集客方法として注目されている手段の1つなんです。
  • Q MEOとSEOの違いがわかりません!

    A
    MEO=Googleマップでの検索結果において上位表示させること
    SEO=自然検索で上位表示させること

    つまり、SEOがWEB全体の対策であるのに対して、MEOはマップという一部分だけの対策ということになります。

    さらに、SEOはどこで検索しても表示順位は同じになりますが、MEOは同じキーワードでも地域や場所によって検索結果が異なります。これはGoogleが検索ユーザーの位置情報などをもとに、検索結果を表示しているためです。

    このアルゴリズムを逆手に取り、集客したいエリアのユーザーが検索した際に上位表示されるような対策=MEO対策です。

    SEO対策は業者に依頼したりと費用がかかる傾向にあるのに対し、MEOに利用するGoogleマイビジネスは無料で利用可能。コストをかけることなく対策できます。

    実店舗ビジネスであればどのエリア・業種でもできる対策ですので、まだやっていないという方は是非始めてみてください!
  • Q MEOのメリットが知りたいです。

    A
    MEO対策をすればどんなメリットがあるのか、気になりますよね。
    5つ紹介します!

    1. SEOよりユーザーの目に留まりやすい
    お店を検索した際に、地図情報が検索結果に出ることがありますよね。これはGoogleが検索ワードから店舗情報を求めていると判断し、検索ワードでマップ検索をした場合の結果を上位3位まで表示したもの。この表示枠は基本的に通常の検索結果(SEOで対策できる範囲)よりも上部に表示されるため、ユーザーが最初に目にする場所です。しかも、通常の検索結果1位のクリック率は約30~40%!つまり、マップ検索で3位以内に入れば、それ以上のクリック率が期待できるということになります。

    2. 来店見込みの高いユーザーに訴求できる
    「地域名+○○(業種・サービス)」のキーワードで検索するユーザーは「これから検索キーワードに入力した地域にある○○の店舗に行く可能性が高い」と想定できます。つまり、そのサービスを受けることは決めていて、あとはどの店舗にしようか?と考えている状態ということ。だからこそ、マップの検索結果で上位にあるほどそういったユーザーからの視認性が向上し、数ある競合店舗の中から自店舗に足を運んでくれる可能性が高くなります。

    3. 来店を促すのに必要な情報を網羅できる
    「電話をかけたい」「経路を確認したい」「写真を見たい」「口コミを見たい」など、検討段階によって検索目的は変わってきますよね。しかし、MEO対策では店舗情報を充実させるため、これらの行動を検索画面上で完結させることが可能!口コミや写真などを見てそのまま電話や経路検索ができるため、直接来店に結び付けやすくなるのです。

    4. SEOに比べて競合が少なく成果が出やすい
    SEOは実店舗のホームページサイト以外にもポータルサイトなど競合が多いため、上位表示にはかなりのコストと労力が必要。MEOでは純粋にターゲットの地域にある店舗のみが競合となりますし、まだ対策している企業や個人が少なく、比較的対策の成果が出やすいとされています。

    5. 費用がリーズナブル
    SEO対策は、自力で上位表示はするのはなかなか難しいので専門の業者に依頼することも・・・そのため費用は月額10万円以上と、高めになる傾向があります。一方、MEO対策は無料で始められるほか、業者に依頼しても相場は月額2~3万円であることが多いんです。


    いかがでしたか?
    MEO対策はメリットだらけなのに無料というのがポイント!是非取り入れてみてください。
  • Q MEOにデメリットはあるんですか?

    A
    メリットがあればデメリットももちろんあります。
    例えば下記の2つです。

    1. ネガティブな口コミをもらう可能性がある
    Googleマイビジネスに店舗情報を登録するとユーザーから口コミをもらうことがあります。MEO対策で、口コミをもらうこと自体は重要な施策!!しかし、同時にネガティブな口コミをもらってしまうことも…
    そんな時は「口コミに丁寧に返信する」のがベター。オーナーやスタッフの接客態度をアピールすることで少しでも良い印象に近付きます!

    2. 対策できるビジネスが限られる
    MEO対策は、実店舗を持ち、ユーザーが来店することでビジネスが成り立つ事業者に向いています。そのためWebサイト運営会社や、口コミをもらいにくい業態の事業者には不向きという面も…また、実店舗があっても特定地域における集客に対応していなければ、MEO対策を行っても集客効果は見込めないかもしれません。その場合はMEO対策よりもSEO対策をするほうがよいでしょう。
  • Q SNS映えって具体的にどうすればいいの?

    A
    飲食店にとってSNS映えはポイント。
    重要な販促ツールとしても今や考えられずにいられない時代ですよね。
    ではSNS映えするメニューとはどのようなものなのか考えてみましょう。

    ①色鮮やかなスイーツ
    最もSNS映えに向いているジャンル。トッピング用の材料やフルーツなどに色鮮やかなものが多く、調理工程でも着色しやすいことから目を引きやすいメニューが作りやすいです。美しい色合いや美味しそうな見た目を演出しやすいのでまずはスイーツから挑戦するのがおすすめです!

    ②非日常が体験できる
    アニメや漫画に出てくるような幻想的なビジュアルのメニュー。
    非日常を感じさせるものはSNS映えを狙いやすいですよ!

    ③シズル感の演出
    見ただけで食欲をそそる美味しそうなメニュー。とろりとしたチーズがはみ出したハンバーグや、甘そうなはちみつやホイップが添えられたパンケーキ…中身が見える形で料理を提供したり、トッピングや材料をふんだんに使用するなど一手間加える工夫が映えにつながります!

    ④意外性のあるメニュー
    見た目と中身のギャップがあるものは投稿への欲求をかき立てるそう。その上、物珍しさから拡散されやすいという特徴も。

    ⑤通常のサイズ感とかけ離れたメニュー
    メガ盛りも人気ですが、手のひらサイズのバーガーや、一口サイズのオードブルなどの小さく可愛らしい料理も人気。特に女性を中心に投稿されやすい傾向にあります。

    ⑥限定メニュー
    消費者に今だけ感を与える期間限定や季節限定はトレンド感が強く来店につながりやすいです。他にも店舗限定など付加価値を付けたメニューは多くの人の目を引きます。リピート客を狙うためにも積極的に限定メニューは積極的に取り入れたいですね!

    そして最近は「動画によるSNSシェア」が増加中!
    飲食店でSNS映えを狙うのなら、お客様の目の前で調理したり、料理の提供時に盛り付けをするような、お客様がついつい動画を撮りたくなるようなメニュー開発を意識していきましょう。
    大切なのは、「お客様がSNS映えする写真を撮影しやすい演出をすること」ですよ!

    実際にメニューを体験したお客が投稿したSNSの内容は、ほかの消費者にとっても信頼性が高い情報。
    SNSをうまく活用して、さらなる口コミや集客につなげていきましょう!
  • Q 美容室で独立したいのですが集客に苦労しそうで不安。どうすればいいですか?

    A
    独立開業をお考えの方、既存顧客様はおられても新規顧客は自動的に来てはくれませんよね。
    オープン後に焦って集客を開始しても、すぐに結果に繋がるわけではないため、来客数や売上を安定させるには、数ヵ月かかってしまいます。
    ある調査によると、美容室が開業から軌道に乗るまで「3~6カ月かかった」という声が多くあるようです。
    美容室開業時から一刻も早く平常時に近い稼働を目指すため、集客と販促活動は、オープン前から準備を整えるのがオススメ。費用をかけずに始められる準備もありますよ!まずは下記の3つからやってみましょう♪

    ◆ホームページ、予約ページの開設
    自社ホームページの存在は、美容室のブランディングや信頼度を上げることに繋がります。リピート予約を受けるうえで自社のホームページに予約窓口があることは重要です。

    ◆SNSの美容室ページの開設・発信
    SNSなら簡単に情報を発信することができます。イメージ画像でブランディングしたり、自身のお店や美容業にかける想い、お客様の役に立つ情報を発信することで見込み客を増やしていくことができたり、新鮮な情報を届けることができます。何より無料なので気軽に始められますね!

    ◆集客ポータルサイト、紙媒体を利用
    新規集客にあたっては、既に利用者数の多い美容室専用ポータルサイトや媒体を利用したり、周囲にポスティングすることで地域に新規出店をアピールし、目を引くことができます。開業の2~3ヵ月前から行うと効果的です。掲載する内容は、美容室のセールスポイントやイメージしやすい画像の準備など、美容室の魅力がお客様に最大限伝わるものを工夫して考えましょう。

工事について知りたいコト


実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • Q 電気の動力とは何ですか?

    電気の種類には、一般家庭で使われるのと同じ電気の線(単相100V)と業務用に大きな電気を必要とする場合に使われる動力(三相200V)があります。動力は、業務用冷蔵庫や業務用エアコンなどに使用するもので、基本的に200Vでコンセントが4つ穴になっており、3本の線で電気が送られてきます。電気の通り道が多いため、少ない電流で大きな電気を届けることができるのが特徴です。業務用の機材は動力でなければ使えないものも少なくありませんので注意が必要になります。

    単相100Vの電源の電化製品を動かすことはできませんが、その分電気料金が安く設定されているため、電気を大量に消費する場合、できる限り動力を利用するのがおすすめです。

    また、動力を使用するには「業務用エアコンを使うため」など電力会社に申請しなければなりません。

  • Q 内装をカッコよく仕上げてほしい

    どのような「かっこいい」がご希望なのか、詳しくヒアリングさせていただいた上で、ご提案させていただきます。イメージ写真などをご用意いただけると、よりスムーズに進めることが可能です。

  • Q 内装をカッコよく仕上げてほしい

    どのような「かっこいい」がご希望なのか、詳しくヒアリングさせていただいた上で、ご提案させていただきます。イメージ写真などをご用意いただけると、よりスムーズに進めることが可能です。